laborobo_202
リターンキャンプ、3回目。台風来てても遊べる海がある南さつま!編
[クラウドファンド、リターンキャンプの3回目を終えて。われながら、こんな密度で技術伝承してくれるキャンプは、ちまたにはなかなかないと思いました!]
facebook twitter

» 夏休みが終わり、

一層たくましくなったダイナミックラボ。


みなさまこんにちは。テンダーです。
初の夏休み営業は、クラウドファンドリターンのキャンプあり、外部講師をお招きしてのワークショップあり、盛りだくさんでした!

ところがここは鹿児島、台風通り。

ご多聞にもれず台風の影響で団体さんの来訪キャンセルもちらほらあり、ご来訪者さんは一ヶ月半で200名弱。もっとたくさんの方に来てもらいたかったと要反省!
(連日の営業でラボスタッフがヘロヘロになってしまった、というのも大きな反省材料です!)
ダイナミックラボ、ドローン体験会はこんな感じでした!
ところがどっこい、相撲はどすこい、
夏休みはスタッフの自由研究期間でもあったので、今までは扱うことにハードルがあったたくさんの機材を、今や自由自在に使いこなしつつありますよ。というわけで今日は、「ダイナミックラボのたくましくなった特集!

1.3Dモデリングと、3Dプリントを猛勉強!

無料でも使える3Dモデリングのソフト、FUSION360のエヴァンジェリスト(伝道師の意、世界に8人のみ!)である藤村祐爾氏をお招きして、5時間にも及ぶ初歩向けワークショップをしていただきました!
エヴァンジェリストを招いてのfusion360ワークショップ終了!すごいレベルアップした!
内容は、こんなに物事をわかりやすく説明できる人が世の中にいるのか!というほどわかりやすく、その結果、、、
3Dプリントで、壊れたカメラのストロボを修理しちゃうぞ!
わたくし、カメラのストロボの壊れた部品をモデリングして、3Dプリンタで射出したり、
3dprinted-coolerbox
(拾い物の)壊れたクーラーボックスの留め具をモデリングして作ったりと、捨てるものが激減しました! 自分で作れるってすごい! これが技術的不服従か!

というわけで、あんまり感銘を受けたので、毎月第二日曜日あたりに3Dモデリングの自主勉強会を開催することになりましたよ! 初心者さんでも歓迎、貸出PCは2台あります。是非ご一緒しましょう!

2.カッティングプロッタ、バリバリ稼働中。

熊本のガラス屋さん、クリエイショングラスハヤシさんから頂いた、1600mm幅までカットできちゃうグラフテッック社のカッティングプロッタ、FC3100。

英語のマニュアルが海外サイトにあるばかりで、さっぱり使い方が分からなかったものの、グラフテック社の写真さんに初期不良対応(確か12年前の商品なのに!)をしてもらった際に、ついでに質問攻め。

ようやく理解し始め、わたくしのmacにWindows7を入れ、IllustratorCS2とCutting master2という古いソフトを組み合わせて稼働に成功!
看板作り、続々。
その結果、とっても大きな看板をバンバン作れるようになり、
看板作り、続々。
屋上看板もようやく「花と緑の大坂小学校」から「ダイナミックラボ」に。
看板作り、続々。
エントランスの看板も完成。

digifabroom-message
デジファブ部屋の入り口には、わたくしテンダーの思うデジファブの意味を貼り付けました。

というわけで、看板屋さんを始められるようになった途端、幸先のいいことにすぐに一件ステッカーの注文をいただきましたよ。皆様も、ご用命の際はぜひー(自分で作ってももちろんいいけど!)。

3.ユンボでマンボでジオフィルター!

ラボ近くでぶどう園を営む方からユンボを借りました!
ものの5分で操作の勘所をつかめる簡単パワフル重機、それがユンボ!
tender-yumbo
パイルダーオン!

というわけで、ユンボを使い、ボランティアさんも含め、みんなで長い溝を掘る。
geofilter
25Mの長さ、深さ40cm、幅90cm。
このあと砂利を入れ、植物を植える。そしてここに生活排水や、トイレ→浄化槽後の排水を流すんだけど、これはバイオジオフィルターと呼ばれていて、
初めはたくさん有機物を必要とする空芯菜などを植え、その根の周りの微生物が有機物を食べることで水が綺麗になり、フィルターの終わり側には清流にしか育たないわさびなどでも生えてしまう、という動力も電源も要らない、どえらい浄化槽なのだ!

「ダイナミックラボを運営することで、環境を汚さない」は私にとっての大切な趣旨なので、念願のバイオジオフィルター!というところ。完成をお楽しみに!(お手伝い歓迎!)

4.タイニーハウス、完成間近

ラボスタッフが制作中のタイニーハウス、いよいよ完成間近です。
kabo-house_01
建築申請のいらない10㎡以下の家を三角小屋スタイルで作成中です。まだ完成しておりませんが、一棟に限り、モニター価格にてお安めに提供できますよ!

また、タイニーハウスを作りたいという方向けには、ワークショップ形式での受注なども可能です。まずはご見学にどうぞ!

5.ヤギのナルホドとアンテナ、来たる

テンダー念願のトカラヤギ、ナルホド(母・1歳8ヶ月)とアンテナ(娘・9ヶ月)がダイナミックラボにやってきましたよ!
yagi
旧鶏小屋をヤギ小屋に用途変更し、日々もしゃりもしゃりと草を食んでいます。
とっても可愛い。メエェェェーーー!!!

◇9月以降のイベント一覧

FAB 3D CONTEST 2017 の協賛ファブ施設になりました!

8/1 - 10/10 FAB 3D CONTEST 2017

ファブラボで作ったもののコンテスト、FAB 3D CONTEST 2017の協賛ファブになりました! 参加したい人は、ひとまずダイナミックラボにダッシュだ!
リターンキャンプ、3回目。台風来てても遊べる海がある南さつま!編

10/7-8 いっちょまえになろう! 基本の自然技術を習得する秋のダイナミックラボキャンプ

クラウドファンドリターンキャンプがあまりに評判が良かったので、海要素を抜いた山版のサバイバルキャンプを開催します!

2017.10/7,8(土・日)
18,000円
最大10名、最少催行人数3名

・ナイフの使い方、研ぎ方
・苧麻から繊維をとる
・ロープワーク
・各自タープ張り
・火起こし
・各自、焚き火で炊飯
・鶏の解体・調理
・野糞の意味と作法
・水の濾過、殺菌
・もしかしたら鍛造でナイフ作り などなど。

お申し込みはこちらから!

というわけで、9月のダイラボ通信、今回も盛りだくさんでしたね。
今月のテーマは、
・CNCルータを動かす
・アルミ鋳造を始める
・ナイフの鍛造を始める
・堆肥小屋を作る
あたりです。

お楽しみに!

夏が終わればいよいよ秋。
夕暮れが刻一刻と早まっていきますな。寂しい!

というわけで次回のダイラボ通信もお楽しみに!

テンダー