ダイナミックに作ってしまえ!

ソーホースを試作したよ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちは、くろです。

テンダーさんが手に入れてきた設計図をもとに、ソーホースというものを作ってみました。

まずは材料を準備するところからですが、設計図によると分厚いコンパネが必要とのこと。
18mm厚のコンパネを作るため、ラボにあった9mm厚のコンパネを2枚貼り合せて使用しました。
写真は貼り合せたコンパネを2等分にカットしたもの。

次にコンパネを必要な形状にカットするのですが、そのためにはどこをカットするか墨付けする必要があります。
普通なら紙の設計図を拡大コピーして貼り合せて上からなぞったり、または定規と鉛筆を使って板に印を付けたりと苦労するところです。

ですが、ここダイナミックラボには色んな機材が揃っています!
今回は設計図をスキャンしてパソコンに取り込み、レーザー加工機を利用してコンパネに墨付けしました!

線が細いので写真だと見えづらいかもしれませんが、バッチリ線が引けています。

あとは線に沿ってジグソーでコンパネをカットしていきます。
線を綺麗に引けているとカットする作業も楽ちんです。

全てカットした後に角を面取りして必要な金具を埋め込んだりして、
そして完成したのがこちら!

これを広げると・・・
簡単な組み立て式のソーホースが完成!

ソーホースの上に好きな板を乗せれば大工作業だけでなく、料理を置くテーブルとしても利用できます。

使わない時には畳んで閉まっておけるし、女性1人でも持ち運びできるくらい軽い!
これ1台あれば大人数集まって食事する時のテーブルとしても利用できそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.