ダイナミックに作ってしまえ!

青空の下、ロケットストーブで作る燃えるように熱い食事はいかが?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
ロケットストーブ

こんにちは。

まえよーです!
今日は、ロケットストーブについてのお話。

ロケットストーブとは?

ロケットストーブについてはこちらの記事をご参考にされてください。

ボランティアさんと、まかない調理用のロケットストーブを作ったよ!

僕は、ロケットストーブと向き合いながら、どうすれば少ない燃料で効率よく、しかも美味しく食事が作れるか?

を考えながら実践しています。

 

ロケットストーブ

 

スタッフやボランティアさんの食事は基本的にこのロケットストーブで調理しています。

ロケットストーブの火力の様子はこちら。

 

 

熱調理するには燃料が必要だ!

熱調理するために、燃料を随時調達します。

ダイナミックラボで手に入れることのできる主な燃料。

燃料

 

新聞紙、その辺に落ちてる枝、木工室から出る材木の切れ端、薪、柘植(つげ)など。

真ん中は、かつお節ではないですよ!

 

燃えやすい媒体から燃えにくい媒体へ(持続性がある)と熱をリレー式に移し、熱を大きくしていきます。

雨が降り、湿度の高いときは、熱を大きくするのが難しい(枝などが水分を含んでいるため。)です。

 

また、火が弱くなったと思って燃料をたくさん入れると、どんどん火が小さくなり、煙まみれ(不完全燃焼)になったこともしばしば。

 

そんな経験からいろいろと学び、燃え方の様子を観察し、

少しづつロケットストーブの面白さも感じていきます。

今では、お米もご覧の通り!

 

 

この日は、青空の下、中華丼を作りましたよ!


 

 

そして、ダイナミックラボでは、『かまど』が完成し、稼働しております!

 

かまど作りWSについてはこちらから。

レンガと粘土のかまどが完成しました!

かまど

かまどは保持できる熱量が大きいので、
団体のお客さまの調理ですら難なく行えます!

煮炊きをするための、こまめな燃料補給もしなくていいので、すごく時間が有効に使えます!

 

 

かまどすごい!

むしろ

かまどすこい!

 


 

ロケットストーブ、夏の展望

夏になれば、各地でいろいろなイベントやフェスが行われます。

ロケットストーブによる調理でイベントに出店してみたら面白そう!

完全オフグリットで、環境に負荷を与えず、ゴミすら出さない夢のような飲食ブースがあったら、

地球もハッピーですよね!

今年の夏にご期待くださいませ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*